コメントで頂いた情報を元に、なんとかSafari for Windows 4.0.5を使える様になったので報告します。

手順は以下の通り。

  1. "プログラムの追加と削除"で以下のプログラムを削除
    • Safari
    • Apple Application Support
    • ※Apple Application Supportは"C:\Program Files\Common Files\Apple\Apple Application Support"にありますが、このフォルダを削除するだけではインストール情報が残ってしまい、再インストール時に追加されません

  2. Safari for Windows 4.0.4をダウンロード
  3. Safari 4.0.4のインストーラーをお持ちの方はそれをそのまま利用して下さい。

    AppleのサイトではSafari 4.0.4はダウンロードできないため, どうしても必要な方はOld Version of Safari 4.0.4 for Windows Download - OldApps.com コメントを見る等からダウンロードしてみて下さい。
    また、iTunesでもApple Application Supportはインストールされるので、古いiTunesのインストーラをお持ちであれば、それを試して下さい。

  4. Safariをインストール
  5. Apple Application Support"C:\Program Files\Common Files\Apple\Apple Application Support"からCoreGraphics.dll(1.0.60)をバックアップ
  6. Safariをアップデート
  7. iTunesをインストールしている人は併せてアップデート
  8. Apple Application Support"C:\Program Files\Common Files\Apple\Apple Application Support"にバックアップしておいたCoreGraphics.dll(1.0.60)をコピー

以上の手順でSafari for Windowsは以前と同じ用に使えるようになりました。
但し、あくまで応急処置に過ぎず、CoreGraphics.dllの脆弱性は改善されないのでご注意下さい。出来うるならばAppleからアップデートが出るのを待つ方が得策かと思われます。

せめてAppleには4.0.4に戻す手段と手順を公開してもらいたいものです。

関連エントリー