Safari 5ではJavaScriptのパフォーマンスが改善される!ということでSunSpider ベンチマークを試してみました。

テスト環境は Dell Optiplex GX520と言う旧型機で CPUはPen4 2.8Ghz,メモリ1GB のWindows XPです。

結果は以下の通り(クリックでSunSpiderの結果のページが開きます)。

Safari Benchmark
テスト環境 スコア1回目(total) スコア2回目(total) スコア3回目(total)
Safari5 754.5 743.3 736.9
Opera 10.53 677.6 680.5 666.4
Google Chrome 5.0.375.55 829.4 980.2 860.2
Firefox 3.6.3 1763.4 1749.7 1759.0
Internet Explorer 8(8.0.6001.18702) 8806.1 8820.2 9071.0
平均値をグラフにしてみました。

Operaの爆速ぶりが露わになりましたね…!

Safari 5と言えばOperaに次いで二番目という結果でした。最新ハードウェアでWindows 7であればまた違った結果が得られるかもしれませんが、残念ながらこの旧型機ではHardware Acceleration for Windowsの効果も及ばなかったようです。
但し、フォントの綺麗さやリーダーの機能など、ベンチマークでは計れない部分で最速なんだよ!と負け惜しみで締めておきます。

関連エントリー