Apple謹製ウェブブラウザ"Safari"の情報サイト

column

2011年去りゆく夏を惜しんでブラウザベンチマーク(OS X篇)

Safari 5.1for Lionがリリースされると共に、Firefoxは高速リリースでバージョン6へ。Google ChromeもOperaも順当にバージョンアップを果たしています…。と言うことで、パフォーマンスの差を調べてみました。

テスト環境は MacBook 2.0Ghz,メモリ4GB のOS X 10.7.1(Lion)です。

(以降 OS X LionはLi,Snow LeopardはSLと表記)

SunSpiderベンチマーク

まずはWebkit.orgの謹製、ブラウザベンチの標準といって差し支えのないSunSpider ベンチマークを試してみました。

結果は以下の通り。

Safari Benchmark
テスト環境 スコア1回目(total) スコア2回目(total) スコア3回目(total)
Safari 5.1 (Li) 385.2 385.0 384.6
Safari 5.0.5 SL 389.2 391.2 393.0
Google Chrome 13(Li) 390.4 381.7 376.1
Google Chrome 11(SL) 373.9 366.0 365.6
Firefox 6(Li) 359.7 351.7 349.6
Firefox 4(SL) 360.1 354.4 368.0
Opera 11.50(Li) 413.6 412.0 413.6
Opera 11.10(SL) 420.4 420.3 419.9

平均値をグラフにしてみました。

拡張を全てオフにしたFirefox 6がまたしても最速という結果に…!Safari 5.1とGoogle Chrome 13がほぼ同一で、やや遅れてOpera 11.50と言う並びに。

V8ベンチマーク

続いてGoogleによるChromeの爆速証明用V8ベンチマークを試してみました。
結果は以下の通り。

Safari Benchmark V8 Benchmark(v6)
テスト環境 スコア1回目(total) スコア2回目(total) スコア3回目(total)
Safari5.1 (Li) 2256 2255 2249
Safari5.0.5(SL) 2087 2076 2114
Google Chrome 13(Li) 6072 6523 6165
Google Chrome 11(SL) 5991 5881 5911
Firefox 6(li) 2785 2762 2698
Firefox 4(SL) 2645 2601 2615
Opera 11.50(Li) 2282 2304 2302
Opera 11.10(SL) 2282 2304 2302

平均値をグラフにしてみました。

相変わらずにGoogle Chromeはこのベンチで最強の座を譲りませんね…!
残念ながらSafari 5.1は5.0.5から向上したものの、ベンチマークではまたしても最下位に沈みました。

PeaceKeeper

最後にPC用ベンチマークで有名なfuturemark製ブラウザベンチマークPeacekeeper - The Browser Benchmark from Futuremark Corporation コメントを見る コメントを見るを走らせてみました。

結果は以下の通り(画像をクリックすると拡大します)

PeaceKeeper 2011/09/08

Safari 5.1はChromeには劣るものの、Operaを上回まって二番手に付け、先回から順位を一つ上げました。

総評

本来ならもっと複数のベンチマークで多角的に行うべきなのでしょうか、リソース的に限界が…と言うことで比較的有名なベンチに絞って比較してみました。
結論をまとめるとGoogle Chromeは相変わらず最速ですが、Safari 5.1もなかなかの結果を。Operaも、Firefoxもなかなかの向上です。
これからも各ブラウザが競い合って向上し続けることを期待したいと思います。

なお、YouTubeを見る時、検索をする時、体感的には特に差異を感じなかったことを付記します

関連エントリー

次期Safariはどうなるどうなる?

WWDC2011

毎年開かれるAppleの開発者向けイベントThe Apple Worldwide Developers Conference (WWDC) 2011を開催が迫ってきました。Apple社からは既にスティーブ・ジョブスCEOが行う基調講演について発表されています。

Apple、6月6日(月)の基調講演で次世代のソフトウェアを発表 コメントを見る コメントを見る

基調講演では、Appleの次世代ソフトウエア「Mac OS® X(マックオーエステン)」の8番目のメジャーリリースとなるLion(ライオン)、およびiPad®、iPhone®、iPod touch®を動かすAppleの先進のモバイルオペレーティングシステムの次世代バージョン「iOS 5(アイオーエスファイブ)」、そして近くAppleが提供を開始するクラウドサービスである「iCloud®」が披露されます。

また、Mac OS X Lion プレビュー コメントを見る コメントを見るにて新機能について幾つか見ることが出来ますが、残念ながらSafariについてはなにも……と言うことで噂を集めてみました。

それ以外にもフルスクリーンモードや、iOS スタイルのスクロールバー、チラ見機能や拡大/縮小時の新しいアニメーションなどがくわわっているようです。
YouTube に Lion の Safari の様子がアップされています。

当然JavaScript実行速度の向上や、HTML5の対応も進みそうです。その他にも色々細かい改良はありそうですね。
あと、64bitのみで動作し、対応OSはSnow Leopard以降となるのでは、と予想します(Leopard以前にはWebKit 1搭載のSafariを用意)。

昨年度は大幅に予想を外した本ブログですが、謹んで基調講演を待ちたいと思います。

関連エントリー

2011年春のブラウザベンチマーク(Windows篇)

Firefox 4に続き、Internet Explorer 9の正式リリースで遂に主要ブラウザがHTML5対応を謳う時代が到来しました。と言うことで、パフォーマンスの差を調べてみました。

テスト環境はAcer Aspire Timeline X AS3820T-F52C Intel Core i5 480M(2.66Ghz),メモリ4GB のWindows 7(Home Premium 64bit)です。

SunSpiderベンチマーク

まずはマイクロソフトがIE9のプレビュー時にも使ったブラウザベンチの標準といって差し支えのないSunSpider ベンチマークを試してみました。

結果は以下の通り。

Safari Benchmark
テスト環境 スコア1回目(total) スコア2回目(total) スコア3回目(total)
Safari5.0.5 325.8 338.6 329.7
Google Chrome 11 246.1 248.7 244.3
Google Chrome 10 243.9 247.6 251.3
Firefox 4 231.4 231.5 232.9
Opera 11.10 240.2 242.1 242.0
Internet Explorer 9 207.9 207.8 207.2
Internet Explorer 8 3721.9 3709.7 3709.7
平均値をグラフにしてみました。

IE8が桁外れに遅いため、現行ブラウザとの比較が難しい…と言うことでIE8を除外したグラフも。

Internet Explorer 9見事最速!
一方最下位に沈むSafari 5であった…〄rz

V8ベンチマーク

続いてGoogleによるChromeの爆速証明用V8ベンチマークを試してみました。
結果は以下の通り。なお、IE8は動作しなかったため除外してあります。

Safari Benchmark V8 Benchmark(v6)
テスト環境 スコア1回目(total) スコア2回目(total) スコア3回目(total)
Safari5.0.5 2716 2753 2767
Google Chrome 11 8913 8831 8743
Google Chrome 10 8849 9073 8592
Firefox 4 4262 4431 4453
Opera 11.10 3988 3889 3903
Internet Explorer 9 2617 2669 2665

平均値をグラフにしてみました。

Google Chromeがダブルスコアで他のブラウザを圧倒する形に…!
尚、SunSpiderで最速だったIE9は最下位に、Safari 5はIE9を若干上回るスコアにとどまりました。

PeaceKeeper

最後にPC用ベンチマークで有名なfuturemark製ブラウザベンチマークPeacekeeper - The Browser Benchmark from Futuremark Corporation コメントを見る コメントを見るを走らせてみました。

結果は以下の通り(画像をクリックすると拡大します)

peacekeeper(2011/4/28)

Google Chromeが最高スコアをマークし、次いでOperaが。その後にIE9が続き、Safari 5とFirefox 4がほぼ同じと言う結果に。

総評

本来ならもっと複数のベンチマークで多角的に行うべきなのでしょうか、リソース的に限界が…と言うことで比較的有名なベンチに絞って比較してみました。
IE9がSunSpiderに限っては最高のスコアを出した他、Windows環境だとGoogle Chrome,Opera等もMac環境に比べてパフォーマンスの改善が著しいと言う感想です。特にV8ベンチにおけるGoogle Chromeの独走ぶりは特筆するものがあります。
実在が疑われるWIndows環境下でSafariを利用する人のためにも、Apple社には巻き返しを期待したいところです。
あと、予断ですが、特定の試験のみ高スコアをたたき出すとチート臭いですよね…

関連エントリー

2011年春のブラウザベンチマーク(Mac篇)

Firefox 4に続き、Internet Explorer 9の正式リリースで遂に主要ブラウザがHTML5対応を謳う時代が到来しました。と言うことで、パフォーマンスの差を調べてみました。

テスト環境は MacBook 2.0Ghz,メモリ4GB のMacOS X 10.6.7(Snow Leopard)です。

SunSpiderベンチマーク

まずはマイクロソフトがIE9のプレビュー時にも使ったブラウザベンチの標準といって差し支えのないSunSpider ベンチマークを試してみました。

結果は以下の通り。

Safari Benchmark
テスト環境 スコア1回目(total) スコア2回目(total) スコア3回目(total)
Safari5.0.5 389.2 391.2 393.0
Google Chrome 11 373.9 366.0 365.6
Firefox 4 360.1 354.4 368.0
Opera 11.10 420.4 420.3 419.9

平均値をグラフにしてみました。

思いの外Firefox 4が好成績…!
Operaが若干遅いものの、ほぼ同列といった感です。

V8ベンチマーク

続いてGoogleによるChromeの爆速証明用V8ベンチマークを試してみました。
結果は以下の通り。

Safari Benchmark V8 Benchmark(v6)
テスト環境 スコア1回目(total) スコア2回目(total) スコア3回目(total)
Safari5.0.5 2087 2076 2114
Google Chrome 10 6067 5998 5881
Google Chrome 11 5991 5881 5911
Firefox 4 2645 2601 2615
Opera 11.10 2282 2304 2302

平均値をグラフにしてみました。

流石にGoogle Chromeはこのベンチで最強の座が揺るぎませんね…!
残念ながらSafari 5.0.5はこのベンチマークでは最下位に沈みました。

PeaceKeeper

最後にPC用ベンチマークで有名なfuturemark製ブラウザベンチマークPeacekeeper - The Browser Benchmark from Futuremark Corporation コメントを見る コメントを見るを走らせてみました。

結果は以下の通り(画像をクリックすると拡大します)

peacekkeeper

SafariはかろうじてFirefoxを上回ったものの、僅差でOperaに破れるという結果に。
尚、Mozilla財団は、このベンチマーク登場時から批判的でしたね。

総評

本来ならもっと複数のベンチマークで多角的に行うべきなのでしょうか、リソース的に限界が…と言うことで比較的有名なベンチに絞って比較してみました。
結論をまとめるとGoogle Chrome最速,Opera爆速、Firefoxだって拡張機能さえなければ決して引けを取らないと言ったところでしょうか。Safari 5は登場から1年近くが過ぎ、流石に見劣りしつつあるのかな、と言う感想を持ちました。
夏頃までにはMacOS X 10.7(Lion)に搭載されたWebKit2を実装したSafari 6とSafari 5.1して、巻き返してくれることを期待したいと思います。

関連エントリー

2010年のSafariを振り返る

2010年もそろそろ終り…と言うことで今年(2010年)のSafariを振り返ってみました。

2010年1月

Google ChromeがSafariのシェアを越えたと発表

2010年3月

Safari 4.0.5アップデート。Windows版で深刻な障害が

2010年4月

WebKitプロジェクトがWebKit2をアナウンス。またMicrosoftからはSilverlightの最新版がリリースされました。

2010年6月

機能拡張を備えたSafari 5がリリースされました。

2010年7月

拡張機能が正式版となり、また機能拡張ギャラリーも公開されました。

2010年9月

ブックマーク同期サービスのXmarksが事業閉鎖を発表して大きな反響を呼びました。

2010年10月

AppleがAdobe Flash Playerのプリインストールをやめたことが話題になりました。

通年

振り返ると機能拡張のサポートが大きなトピックだったな、と。専用のサイトが幾つも登場したのも印象的です。その分、従来からのSIMBLプラグインは…という感じです。

2010年年間ランキング

2010年の年間アクセスランキングを。
2010年のページビューは147,953で、ユニークユーザーは73,174でした。

  1. iTunes 9 for WindowsでiTunes Storeにアクセスすると文字化けする問題 : Safari Realized コメントを見る コメントを見る
  2. Safari拡張のススメ vol.4 〜SafariをTwitterクライアントにする : Safari Realized コメントを見る コメントを見る
  3. Safari 4.0.4にてSafari for Windows及びiTunes 9の文字化け問題が解消 : Safari Realized コメントを見る コメントを見る
  4. Safari for Windwsの文字化け解消方法 : Safari Realized コメントを見る コメントを見る
  5. Safari拡張のススメ vol.3 〜 GreaseKit : Safari Realized コメントを見る コメントを見る

昨年のランキングとあまり変わりがない…ですね。

総まとめ

2011年はInternetナントカ9やFirefox 4が正式版になり、メジャーなブラウザの世代交代が一気に進みそうです。WebKit勢のGoogle Chromeがアップデートを繰り返すほか、RockMeltやFlock等のソーシャルブラウザも要注目ですね。もう一つ何かブラウザがあったような気がするのですが、思い出せないので割愛します。
そんな状況でSafariはどのように進化していくのか…2011年も引き続きSafari RealizedではSafariに関する様々な情報をお届けしていきます。来年もどうぞよろしくおねがいします。

関連エントリー

記事検索
Archives
Author