Apple謹製ウェブブラウザ"Safari"の情報サイト

tips

AVG LinkScannerを試す

icon_normal

無料アンチウイルスソフト等で知られるAVGより、同社初のMac向けセキュリティソフト"AVG LinkScanner for Mac"のベータテストを開始しました。

軽い・堅い・簡単ウイルス対策、セキュリティソフト AVG - 10.04.15 AVG Technologies の初Mac OS 向け製品 「AVG LinkScanner コメントを見る コメントを見る

AVG Technologies 社(CEO: J.R.スミス、以下AVG) は、AVG として初めてのMac OS 向けウイルス対策製品となる「AVG LinkScanner for Mac(β版)」を一般ユーザー向けにベータテストを開始いたしました。

AVG LinkScanner for Mac は、Mac OS X 用のブラウザ (Safari 3.x 以上、Firefox 3.x)にて、インターネット閲覧時 における感染の危険からコンピューター保護する機能を提供します。

この手の機能Google Safe Browsingを利用した機能としてSafariにも標準機能としてありますが、果たしてどれほどの効果があるか、試してみました。

まず、AVGのβプログラムに登録する必要があります。

AVG Beta Program


登録が完了し、βプログラムにログインした後、"Download"から"AVG LinkScanner for Mac BETA2"(avg90LSM-798beta.dmg)をダウンロードします。
ダウンロードが完了後、インストーラーを起動させ、手順に従い、インストール。
インストールが完了すると、AVG LinkScanner Agentが起動し、メニューバーにアイコンが表示されます。

LinkScanner Agent

メニューバーのアイコンから、Agentのon/off及び設定(コントロールパネル)へのアクセスが出来ます。
また、コントロールパネルに"AVG LinkScanner Setting"が追加されていることが確認されます。


私はここでつまづいたのですが、Safariを再起動したり、ログアウト・ログインをしてみてもSafari上でLinkScannerは動作している様子はなく、再起動して初めて動作を確認できました。

LinkScannerには以下の機能があります

  • Search Shiled
  • Surf Shiled
がSurf ShiledはまだEnableになっていないようです。また、対象とする検索サイトはGoogle, Bing, Yahoo! and Baiduとなっています。

実際にGoogleで検索すると以下のようになります(クリックで拡大)。

AVG LinkScanner Google

危険なサイトへのリンクはどうなるか確認したかったのですが、品行方正で知られる自分では見つけることが出来なかったので今後の課題としたいと思います。

Safari自身、またGoogleやBing等検索サイトも同様に対応しているなか、どれほど有効性があるかはまだ未知数ですが、βプログラムの行方を注視したいと思います。
続きを読む以降に、その他スクリーンショットを掲載しておきますので、興味のある人はどうぞ。
続きを読む

Safari for Windws 4.0.5の障害への応急処置

コメントで頂いた情報を元に、なんとかSafari for Windows 4.0.5を使える様になったので報告します。

手順は以下の通り。

  1. "プログラムの追加と削除"で以下のプログラムを削除
    • Safari
    • Apple Application Support
    • ※Apple Application Supportは"C:\Program Files\Common Files\Apple\Apple Application Support"にありますが、このフォルダを削除するだけではインストール情報が残ってしまい、再インストール時に追加されません

  2. Safari for Windows 4.0.4をダウンロード
  3. Safari 4.0.4のインストーラーをお持ちの方はそれをそのまま利用して下さい。

    AppleのサイトではSafari 4.0.4はダウンロードできないため, どうしても必要な方はOld Version of Safari 4.0.4 for Windows Download - OldApps.com コメントを見る等からダウンロードしてみて下さい。
    また、iTunesでもApple Application Supportはインストールされるので、古いiTunesのインストーラをお持ちであれば、それを試して下さい。

  4. Safariをインストール
  5. Apple Application Support"C:\Program Files\Common Files\Apple\Apple Application Support"からCoreGraphics.dll(1.0.60)をバックアップ
  6. Safariをアップデート
  7. iTunesをインストールしている人は併せてアップデート
  8. Apple Application Support"C:\Program Files\Common Files\Apple\Apple Application Support"にバックアップしておいたCoreGraphics.dll(1.0.60)をコピー

以上の手順でSafari for Windowsは以前と同じ用に使えるようになりました。
但し、あくまで応急処置に過ぎず、CoreGraphics.dllの脆弱性は改善されないのでご注意下さい。出来うるならばAppleからアップデートが出るのを待つ方が得策かと思われます。

せめてAppleには4.0.4に戻す手段と手順を公開してもらいたいものです。

関連エントリー

Safari 4.0.4でTop Sitesのショートカットが変更に

Safari 4.0.4にアップデートに伴い、Top Sites画面を呼び出すショートカットが変更されています。(via.ゆっくり建てる Safari 4.0.4にてこのショートカットキーが コメントを見る)

変更は以下の通り

Mac

(4.0.3以前)
Command+Shift+1
(4.0.4)
Command+Option+1

Windows

(4.0.3以前)
CTRL+Shift+1
(4.0.4)
CTRL+ALT+1

Snow LeopardでSafariの64bitモードと32bitモードを併用する

Safari.appのcopy

Snow LeopardのSafariですが、64bitモードで動かすと爆速、一方32bitモードのSIMBLプラグインが動作する便利さも捨てがたい…いわば"技の一号 力の二号"と言う状況。と言うことで、64bitモードと32bitモードを併用するtipsです。

やり方はとっても簡単
アプリケーションフォルダ内のSafari.appのアイコンを右クリックして"Safari.app"をコピーするだけです。
Safari.appのコピーが出来たらお好みの名前でリネームして下さい。
そして片方を32bitモードで動かし、片方を64bitモードで動かすだけです。

ね、簡単でしょ?

Safari併用

開発メニューを有効化しておけば、"このページをこのアプリケーションで開く"から相互にページを開くことも出来ます。
もちろん言うまでもありませんが、Appleが推奨するやり方ではありませんし何らかのトラブルが発生する可能性もあります。
試してみる時は自己責任でお願いします。

Safari拡張のススメ vol.4 〜SafariをTwitterクライアントにする

twitter_safari

Safari拡張のススメ第四回は、合わせ技でSafariをTwitterに最適化してしまおうというネタです。
twitterrific夏ライオン, P3等様々なTwitterクライアントがあるわけですが、Safariに拡張を加えるとそれらに引けを取らない機能を備えることが出来ます。

pbtweet

まずはTwitter.comの機能を拡張するスクリプト "pbtweet" から。

pbtweet - twitter拡張スクリプト - コメントを見る
GreaseKitスクリプト或いはブックマークレットを使うことによって以下の機能をtwitter.comのサイトに追加します。

  • 投稿の返信のつながりをインライン表示します。
  • 会話チェーンの読み込み数設定[new in 1.4]
  • tweetのダウンロードにはJSONを用い、回線やサーバにかかる負荷を軽減します。
  • RT/via スタイルの引用投稿が可能になります。
  • TwitPicなどから投稿した画像のサムネイルを表示することができます。
  • ページ下部までスクロールすると自動的に次のページを繋ぎ足します。
  • タイムラインを1分おきに更新します。
  • 短縮URLを展開することができます。
  • 様々な言語へtweetを翻訳することができます。
  • ハッシュタグをクリックしてtwitter検索で結果を見ることができるようになります。
  • Fluid.appでuserscript版を用いると Growlで新着告知を行うことができます
スクリーンショットを掲載します。標準のものよりぐっと見やすく使いやすいと思いませんか?

スクリーンショット:Pbtweet

続いて、現在見ているサイトをtwitterに投稿する拡張機能です。
こちらはMac OS Xのみの対応となります。

Safari140

Safari140

Safari140 - Twitter extension for Safari コメントを見る

Safari140は現在見ているサイトを投稿するだけのシンプルなInput Managerプラグインです。キーボードショートカット(Control+T)もしくはメニューから呼び出すと以下のようなウィンドウが表示され、Twitterに投稿することが出来ます。

Safari 140

現在はis.gdと言う短縮URLサービスの利用となります。
因みに名称はtwitterに投稿出来る文字数(140文字)に由来します。

Thurly App

Thurly App

Thurly App コメントを見る

Thurly AppはSafariからthurlyという短縮URLサービスを利用してTwitterに投稿するためのInput Managerプラグインです。
インストールすることによって、キーボードショートカット(Control+Command+T)もしくはメニューから以下のような画面を呼び出しTwitterに投稿することが出来ます。

Thurly Post

無料で使用することが出来ますが、$4.95支払ってレジストすることによってマルチアカウントで利用したり、投稿テンプレート編集機能を利用することが出来ます。

bit.ly

bit.ly

bit.ly, a simple url shortener コメントを見る
個人的に愛用しているのがbit.lyです。
bit.lyはプラグインやスクリプトではなく、アカウント登録することによってTwitterと連動出来る短縮URLサービスです。
単純にURLを短くするだけではなく自分が投稿したリンクのクリック数の解析や検索機能などの付加機能も充実しているのが魅力です。

最後に

SafariだけでTwitterを完結する必要はありませんが、このように様々なプラグインやスクリプト、ブックマークレットを使用することによってTwitterをより活用出来ると思います。Twitterを愛用しているSafariユーザーには是非試してもらいたいですね。

ではよい呟きを!

記事検索
Archives
Author