Apple謹製ウェブブラウザ"Safari"の情報サイト

ClickToFlash

最初に入れたい! 5つの機能拡張

extentions icon

Safari機能拡張ギャラリーが公開され一ヶ月過ぎ、当初はやや寂しかった機能拡張も充実しつつあります。
今回は、これからSafariを使おうかなあ、と思っている人にお薦めの機能拡張をチョイスしてみました。

AutoPagerize

AutoPagerize

AutoPagerize コメントを見る コメントを見る
ページごとに分けられたWebページを自動で読み込み継ぎ足し表示を行う機能拡張。GreaseKitを使っていた方はおなじみの機能かもしれません。
"次へ"ボタンを押さずにサクサクページを読む体験は、一度味わうと戻れなくなるかもしれません。

ClickToFlash

ClickToFlash

ClickToFlash Safari extension コメントを見る コメントを見る
Mac用のプラグインとしておなじみのFlash読込制御用のSafari機能拡張版。Flashの自動読込を制御する他、White listに登録したサイトのみ自動読込を許可することも可能。
濫用されるFlashでサイトがうるさいな−と思う人にはお勧めです。

Reload Button

Reload Button

Safari Reload Button コメントを見る コメントを見る
Safari 4からそれまでのツールバー上のリロードボタンが廃止され、Mobile Safariと共通のアドレスバーの右端に組み込まれる形となりました。この機能拡張はSafari 3に似たリロードボタンを復活させるツールバー。但し、読込中に中止ボタンに変る機能はありません。
また、同様のSIMBLプラグインもあります。

NoMore iTunes

NoMore iTunes

einserver.de ¶ NoMoreiTunes Safari Extension コメントを見る コメントを見る
SafariでiTunes StoreのリンクをクリックしてもiTunesを起動させない機能拡張です。
うっかりクリックしたらいちいちiTunesが立ち上がるのに苛立ちを覚えている方にお薦めです。

URL Cleanser

URL Cleanser

grantheaslip's url_cleanser at master - GitHub コメントを見る コメントを見る
トラッキング用に付加される"?from&rss"等を削除し、URLを整形してくれる機能拡張。ソーシャルブックマークやTwitter等でURLを共有されることが多い人にお勧めです。

以上、基本的な機能を保管する機能拡張の紹介でした。
AutoPagerize、ClickToFlash,Reload Bottonは機能拡張ギャラリーからもインストール可能となっています。
割と今までSIMBLプラグインなどで実現していた機能が多いですが、標準の機能内で実装されているということで、敷居が下がったのではないでしょうか。また、今まで機能拡張類が一切使用できなかったWindows版を使っている人には福音とも言えるでしょう。

ClickToFlash 1.5正式版リリース

ClickToFlash

Flashファイルの読み込みを制御するプラグイン"ClickToFlash"の1.5f(正式版)がリリースされています。最新バージョンは1.5.2です。対応OSは MacOS X 10.5(Leoprad) 以降となっています。

変更点は以下の通りです。

rentzsch's clicktoflash at master - GitHub コメントを見る

1.5.2

  • [NEW] Start signing Sparkle updates. (rentzsch)

1.5.1

  • [FIX] Was trying to update via Sparkle on every Flash load. (rentzsch).
  • [CHANGE] Change appcast hosting from @rentzsch's personal Amazon S3 to Github. (rentzsch)
またホスト先をAmazon S3からgithubに変更したため、1.5もしくは1.5.1に自動アップデートしていた場合、1.5.2以降を手動でダウンロードして欲しいという注意がなされています。

rentzsch's clicktoflash at master - GitHub コメントを見る

Important:

@rentzsch screwed up migrating software update hosting from Amazon S3 to github.

If you were automatically updated to ClickToFlash 1.5 or 1.5.1, you'll need manually download and upgrade to 1.5.2 or later yourself. Sorry.

関連エントリー

ClickToFlash 1.5fc2リリース

ClickToFlash

Flashファイルの読み込みを制御するプラグイン"ClickToFlash"の1.5fc2がリリースされています。対応OSは MacOS X 10.5(Leoprad) 以降となっています。

fc1及びfc2の変更点は以下の通りです。

rentzsch's clicktoflash at master - GitHub コメントを見る

1.5fc2

  • [FIX] Abandon 1.5fc1's Yet Another Installer Rework -- it causes Installer deadlocks that we can't figure out. bug 214 (rentzsch)

1.5fc1

  • [NEW] Use HTML5<video>>element instead of QuickTime plugin to view H.264 YouTube content on Safari 4. <video> plays better with HTML in general, respecting things like CSS's z-index. (Andreas Fuchs)
  • [NEW] Add white border to Flash badge, improving contrast against dark backgrounds. bug 131 (Simone Manganelli, rentzsch)
  • [NEW] Only 60% top-bias badge for flickr.com. (rentzsch)
  • [NEW] Add Realmac Software applications to application whitelist. (Nik Fletcher)
  • [FIX] Yet Another Installer Rework. Move to mpkg so we require a password for installation only when necessary (on 10.4 when a non-admin user attempts to install ClickToFlash after an admin user already installed it). bug 214 (Simone Manganelli, Mo McRoberts)
  • [FIX] Open in QuickTime Player now works on Snowy. bug 216 (Simone Manganelli)
  • [FIX] Unchecking 'automatically check for updates' only stopped the check on startup, not subsequent ones.

関連エントリー

ClickToFlash 1.5b5リリース

ClickToFlash

Flashファイルの読み込みを制御するプラグイン"ClickToFlash"の1.5b5がリリースされています。対応OSは MacOS X 10.5(Leoprad) 以降となっています。

rentzsch's clicktoflash at master - GitHub コメントを見る

  • [NEW] Support for HD YouTube videos. (Simone Manganelli)
  • [NEW] YouTube H.264 support now works with embedded videos. (Simone Manganelli)
  • [FIX] Website whitelist works again. (Simone Manganelli's fault for the bug, also for the fix 1, 2)
  • [NEW] Mac app devs can opt out of ClickToFlash on their own by setting 'ClickToFlashOptOut' to YES in their app's Info.plist file. (Simone Manganelli)
  • [CHANGE] Gear contextual menu is now always displayed, unless hidden pref 'drawGearImageOnlyOnMouseOver' is set to YES. (Simone Manganelli)
  • [FIX] Zattoo, iWeb added to the internal application whitelist. (Mo McRoberts, Jonathan Rentzsch)
  • [FIX] Added Front Row to the application whitelist so that understudy works. (Simone Manganelli)
  • [FIX] 'Check Now' button is still enabled even if auto-updating is turned off. bug 200 (Simone Manganelli)
  • [FIX] Sparkle status window goes away if the user chooses to restart the app after install at a later date. bug 191 (Simone Manganelli)
  • [FIX] Modified installer package bundle ID back to 'com.github.rentzsch.clicktoflash.pkg' (Simone Manganelli)
  • [FIX] More clang static analyzer fixes. (Jeff Johnson)
  • [FIX] Changed name to the canonical spelling 'ClickToFlash' plug-in-wide. (Simone Manganelli 1, 2, 3)
  • [FIX] Various fixes for H.264 variant checking. (Chris Suter 1, 2, Simone Manganelli 1, 2)
  • [FIX] Enable building when the project path has spaces. (Nathan de Vries)
  • [CHANGE] Deleted unused 'Remove from Whitelist...' contextual menu item. bug 79 (Jonathan Rentzsch)
  • [FIX] Added :restart task to Rakefile so that Safari is restarted when compiling a new ClickToFlash version. (Ale Mun~oz)
  • [FIX] YouTube views now have a 'YouTube' badge if the 'Load H.264' preference is checked. (Simone Manganelli)
  • [CHANGE] Badge shows an ellipsis (...) if it's still checking for H.264 variants. (Simone Manganelli)
  • [FIX] Shortened obscenely long tooltips to 200 characters. bug 234 (Simone Manganelli)
  • [FIX] Vertical top-bias the badge by 60% so that centered loading text doesn't obscure the badge. bug 56 (Simone Manganelli)
  • [FIX] Sites that loaded 'about:blank' into an iframe for ads were having their ads auto-loaded. bug 240 (Simone Manganelli)
  • [FIX] YouTube videos loaded from www.youtube-nocookie.com were not being recognized by ClickToFlash. bug 249 (Simone Manganelli)
  • [FIX] Changed 'Open YouTube.com page for this video' to open in the current window in the host app rather than in a new window in Safari.

関連エントリー

Flashファイルの読み込みを制御する"ClickToFlash"プラグイン

ClickToFlash


ClickToFlash コメントを見る

rentzsch's clicktoflash at master - GitHub コメントを見る

ClicktoFlashはrentzsch氏の手によるFlashファイルの自動読み込みを禁止するプラグインです。現行バージョンは1.4.2となっているほか、次期バージョンのβ版が1.5b4までリリースされています。動作環境はMacOS X 10.5(leopard)以降の対応となっています

インストールするとFlashファイルが表示される部分に次のような画像が表示されます。

ClicktoFlash

クリックすることでFlashファイルが読み込まれる他、ギアアイコンをクリックして設定画面を開くので、そのページのFlashを全て読み込んだりWhitlistに追加する等が出来ます。

ClicktoFlash menu


Flashはサイトに様々な効果を与えることが出来るため、広告などにも多用されているわけですが同時に負荷を増大させたりトラブルの原因になったりもします。同じ事はSafariStandでも可能ですが、氾濫するFlashに辟易しているならば試してみてはどうでしょうか。

なお、インストール先は
~/Library/Internet Plug-ins/ClickToFlash.webplugin
アンインストールする際は上記ファイルを削除するだけでOKです。
CSS Nite LP32: Sass
記事検索
Archives
Author