Apple謹製ウェブブラウザ"Safari"の情報サイト

Flash

AdobeがFlash Player 11正式版(11.0.1.152)をリリース

flashplayer

AdobeがFlash Player 11正式版(11.1.152)をリリースしました。
Stage3Dにより高速化されたグラフィックレンダリング,64-bitのネイティブサポート、カメラ向けのH.264/AVCソフトウェアエンコード等の多くの新機能を搭載しております。


詳しくはこちらを

機能 | Adobe Flash Player 11 コメントを見る コメントを見る

Adobe Flash Player Teamの声明は以下の通り。

Adobe Flash Player 11 & AIR 3 Have Launched! ? Adobe AIR and Adobe Flash Player Team Blog コメントを見る コメントを見る

Adobe MAX is here, and we’ve got a lot of news to share. Today we’re releasing Flash Player 11 and AIR 3 ― you can download the release starting at 9:00 PM Pacific today. As we announced previously, there are lots of new features in Flash Player 11 and AIR 3, and one of the newest features that’s getting a lot of buzz is hardware accelerated 2D and 3D graphics rendering through Stage 3D, which will be available on Mac OS, Windows and connected televisions. It redefines what’s possible across the web.

必要システム構成はIntel CoreDuo 1.33GHz以上のプロセッサーを搭載したMacOS X 10.6/10.7以降のマシンで、Safari 5以上となります。

尚、Safariでダウンロードする際は、デフォルトでGoogle Chromeが付属します。

関連エントリー

Flashless 開発終了のお知らせ

FlashLess logo

Flash読込を制御するFlashlessが開発終了をアナウンスしていました。
Safari 5.1以降でWebkit Plug-inがサポートされていないためで、新たに開発する時間がないとのことです。

Flashless • 2009--2011 ― useless コメントを見る コメントを見る

Als ich die Developer Preview Safari 5.1 ausprobiert habe, musste ich in den Versionshinweisen die Aussage finden, dass WebKit-Plugins ab sofort nicht mehr unterstu"tzt sind.
(意訳)私はSafariのDeveloper Preview 5.1を試したとき、WebKitのプラグインはサポートされていないことに気が付いた。

同様のプラグインClickToFlashも同様のアナウンスを出しており、Safari ExtensionのClickToFlashを試すよう勧めています。

ClickToFlash コメントを見る コメントを見る

Note: Safari 5.1 drops support for WebKit Plugins, which unfortunately includes ClickToFlash.
Try out Marc Hoyois’ ClickToPlugin Safari Extension.

関連エントリー

クリティカルな脆弱性に対応したFlash Playerアップデート

flashplayer

クリティカルな脆弱性に対処したFlash Playerの最新アップデート(10.3.183.5)がリリースされています。

Adobe - Adobe Flash Player コメントを見る コメントを見る

APSB11-21: Adobe Flash Plyaer に関するセキュリティアップデート公開 コメントを見る コメントを見る

Windows、Macintosh、Linux および Solaris 版の Adobe Flash Player 10.3.181.36 以前のバージョン、および Android 版 Adobe Flash Player 10.3.185.25 以前のバージョンにおいて、クリティカルな脆弱性が存在することが確認されました。この脆弱性により、アプリケーションが強制終了する、または影響を受けるシステムが攻撃者によって制御される可能性があります。

古いバージョンがインストールされている場合は早急にアップデートされることをお薦めします。
インストールされているFlashプラグインのバージョンは、Flashのバージョン確認サイトを訪問するか、メニューバーのヘルプから"インストール済みプラグイン"を選択すると確認出来ます。

関連エントリー

クロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性に対応したFlash Player アップデート

flashplayer

クロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性に対処したFlash Playerの最新アップデート(10.3.181.23)がリリースされています。

Adobe - Adobe Flash Player コメントを見る コメントを見る

10.3.181.16以前のバージョンにはクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性が含まれており、二番目に深刻度の高い"important"に位置づけられています。

Adobe - Security Bulletins: APSB11-13 - Security Update available for Adobe Flash Player コメントを見る コメントを見る

An important vulnerability has been identified in Adobe Flash Player 10.3.181.16 and earlier versions for Windows, Macintosh, Linux and Solaris, and Adobe Flash Player 10.3.185.22 and earlier versions for Android. This universal cross-site scripting vulnerability (CVE-2011-2107) could be used to take actions on a user's behalf on any website or webmail provider, if the user visits a malicious website. There are reports that this vulnerability is being exploited in the wild in active targeted attacks designed to trick the user into clicking on a malicious link delivered in an email message.

Flash Player 10.3.181.22 セキュリティアップデート公開 - akihiro kamijo コメントを見る コメントを見る

今回のアップデートは、クロスサイトスクリプト (CSS) の脆弱性に対応するものです。"重要" (4 段階で 2 番目に深刻) に位置づけられる脆弱性で、既にこの脆弱性を利用した攻撃も発見されているため、速やかな更新が推奨されています。

古いバージョンがインストールされている場合は早急にアップデートされることをお薦めします。
インストールされているFlashプラグインのバージョンは、Flashのバージョン確認サイトを訪問するか、メニューバーのヘルプから"インストール済みプラグイン"を選択すると確認出来ます。

なお、本バージョンからMac環境でも自動アップデートにより更新が通知されるようになっています。

Flash auto update

関連エントリー

コントロールパネルからプライバシー設定が可能となったAdobe Flash Player 10.3(10,3,181,14)リリース

flashplayer

AdobeがFlash Player 10.3(10,3,181,14)をリリースしました。
Adobe® SiteCatalyst®による計測、アコースティックエコーキャンセレーションの実装等の他、コントロールパネルから高度なプライバシー設定が可能となり、また、MacOSにもようやく自動アップデート機能が実装されました。
Adobe Flash Player 10.3 for desktop and Android devices now available (including Android 3.1 support) » Adobe AIR and Adobe Flash Player Team Blog コメントを見る コメントを見る
  • Media measurement (desktop only) -- Measuring video usage just got easier. Using Adobe® SiteCatalyst® with Flash Player 10.3, developers can implement video analytics for websites with as little as two lines of code for the first time. Media Measurement for Flash Player allows companies to get real-time, aggregated reporting of how their video content is distributed, what their audience reach is, and how much video is played. Mobile support will be available in an upcoming release.
  • Acoustic echo cancellation (desktop only) -- With Flash Player 10.3, developers can create real-time online collaboration experiences with high-quality audio for telephony, in-game voice chat, and group conferencing applications. Developers can take advantage of acoustic echo cancellation, noise suppression, voice activity detection, and automatic compensation for various microphone input levels. End users will be able to experience higher quality audio facilitating smoother conversation flow, without using a headset.
  • Enhanced privacy protection -- Flash Player 10.3 enables local storage clearing within browsers’ privacy settings and streamlines the controls of the Flash Player privacy, security and storage settings within the local control panel of desktop OSes.
  • Security enhancements including the support of auto-update notification for MacOS -- See the Security Bulletin APSB11-12 for more details.

関連エントリー

CSS Nite LP32: Sass
記事検索
Archives
Author