Apple謹製ウェブブラウザ"Safari"の情報サイト

Safari5.0

AppleがSafari 機能拡張ギャラリー(Safari Extensions Gallery)を公開

extentions icon

AppleがSafari 機能拡張ギャラリー(Safari Extensions Gallery)を公開しました。

Apple - Safari - Safari Extensions Gallery コメントを見る

Apple、Safari 5をアップデート コメントを見る コメントを見る
Safari Extensions GalleryはSafariのメニューまたはextensions.apple.comからアクセスすることができます。ユーザは1回のクリックでギャラリーからエクステンションをダウンロードしてインストールすることができます。ブラウザを再起動する必要はありません。エクステンションは自動的にアップデートされ、Safariの中から簡単に管理することができます。ユーザは個々のエクステンションを有効にしたり無効にしたり、あるいはワンクリックですべてのエクステンションをオフにすることもできます。

アクセスしてみると、トップにはTwitter for Safariを始め、6つの機能拡張が表示されている他、News,Social Networling,Bookmarking,Twitter tools,Email,Shopping,Entertainment,Security,Translation,Photos,SearchTools,Producitivity,RSS Tools,URL Shortenners,Developer,Otherのジャンル毎のディレクトリで構成されています。

Safari Extentions Gallery


また、インストール済みの拡張はINSTALLEDと表示されるようになっています。

機能拡張を有効化したSafari 5.0.1アップデート

Safari

Appleがエクステンション(機能拡張)を有効化したSafari 5.0.1をリリースしました。
Appleのサイトからダウンロード出来る他、ソフトウェアアップデートで更新できます。
Apple、Safari 5をアップデート コメントを見る コメントを見る
2010年7月28日、Apple®は本日、Safari Extensionsを有効にするとともに、Safari Extensions Galleryを備えた、Safari® 5.0.1を発表しました。Appleは本年6月、Safari 5でエクステンション(機能拡張)をサポートし、デベロッパがHTML5、CSS3およびJavaScriptといったウェブスタンダードを使ったエクステンションを作成できるようにしました。ユーザは、ライブウェブフィードを表示するツールバーからウェブコンテンツをフィルタリングする洗練されたプログラムまで、パワフルな新機能をSafariに追加するエクステンションをSafari Extensions Galleryから簡単に見つけだすことができます。Safari 5.0.1では、ユーザはSafari Extensions Galleryから、またはデベロッパのサイトから直接、エクステンションをダウンロードしてインストールすることができます。
アップデートしてまず気がつくのはメニューに"Safari機能拡張ギャラリー"が追加されていること。

Safari機能拡張ギャラリー


また、その他の変更点は以下の通り。
  • アドレスフィールドのトップヒット結果の精度が向上します
  • CSS アニメーションのタイミングの精度が向上します
  • Safari リーダーのキーボードショートカットを使っているときの安定性が向上します
  • MobileMe メールのスクロールの安定性が向上します
  • Safari リーダーで www.rollingstone.com から複数ページの記事を表示するときの問題が解決されます
  • JavaScript 暗号化ライブラリを使用する Google Wave などの Web サイトが、32 ビットシステム上で正しく動作しない問題が解決されます
  • ネットワーク・ホーム・ディレクトリを使った Leopard システム上で Safari を起動できない問題が解決されます
  • YouTube サムネール画像上にマウスを置いたときにサムネールの境界が消える問題が解決されます
  • www.facebook.com や www.crateandbarrel.com などの Flash 10.1 を使用するサイトで、Flash コンテンツがほかのコンテンツに重なって表示される問題が解決されます
  • www.aa.com から搭乗券を正しくプリントできない問題が解決されます
  • DNS プリフェッチ要求が特定のルーターに大きな負荷をかける問題が解決されます
  • VoiceOver が Web ページの要素を正しく識別しない問題が解決されます
その他、開発メニューで選べるUAが更新される等の細かい変更があります。

Safari 5.0 は本当に速いのか?(Windows編)

Safari 5ではJavaScriptのパフォーマンスが改善される!ということでSunSpider ベンチマークを試してみました。

テスト環境は Dell Optiplex GX520と言う旧型機で CPUはPen4 2.8Ghz,メモリ1GB のWindows XPです。

結果は以下の通り(クリックでSunSpiderの結果のページが開きます)。

Safari Benchmark
テスト環境 スコア1回目(total) スコア2回目(total) スコア3回目(total)
Safari5 754.5 743.3 736.9
Opera 10.53 677.6 680.5 666.4
Google Chrome 5.0.375.55 829.4 980.2 860.2
Firefox 3.6.3 1763.4 1749.7 1759.0
Internet Explorer 8(8.0.6001.18702) 8806.1 8820.2 9071.0
平均値をグラフにしてみました。

Operaの爆速ぶりが露わになりましたね…!

Safari 5と言えばOperaに次いで二番目という結果でした。最新ハードウェアでWindows 7であればまた違った結果が得られるかもしれませんが、残念ながらこの旧型機ではHardware Acceleration for Windowsの効果も及ばなかったようです。
但し、フォントの綺麗さやリーダーの機能など、ベンチマークでは計れない部分で最速なんだよ!と負け惜しみで締めておきます。

関連エントリー

Safari 5は本当に速いのか?(Mac編)

Safari 5ではJavaScriptのを含め、様々なパフォーマンスが改善される!ということでSunSpider ベンチマーク等を試してみました。

テスト環境は テスト環境は MacBook 2.0Ghz,メモリ4GB のMacOS X 10.6.3(Snow Leopard)です。

結果は以下の通り(クリックでSunSpiderの結果のページが開きます)。

Safari Benchmark
テスト環境 スコア1回目(total) スコア2回目(total) スコア3回目(total)
Safari5 392.7 383.3 385.1
Safari4.0.5 498.0 509.8 506.3
Opera 10.53 501.9 503.1 496.4
Google Chrome 5.0.375.55 412.7 418.0 416.4
Firefox 3.6.3 1160.1 1166.5 1186.1
平均値をグラフにするとこうなります。

少なくともSunSpider benchmarkにおいてはアップルの主張が裏付けられた形になります。

続いてPeacekeeperの結果はと言うと、こちらはGoogle Chrome(5.0.375.55)が最高得点になります。

Peacekeeper

では実際のサイトの表示はどうか…とYahoo!などの有名なサイトでは既に高速に表示されるよう様々な工夫がされていることもあり、数値的な有意な差も体感的な差も確認出来ませんでした。
今後HTML 5やCSS 3をふんだんに活用したWebアプリなどが出てくるとまた変ってくるのかもしれません。

関連エントリー

Safari 5および4.1に対応した"SafariReloadButton"アップデート

SafariReloadButton


Safari 3以前と同様のリロードボタンを復活させるSIMBLプラグイン"SafariReloadButton"のSafari 5および4.1対応版がリリースされました。

SafariReloadButton Safari5/4.1対応版 - canberlandの日記 コメントを見る コメントを見る
だいぶ遅くなってしまいましたが、SafariReloadButtonのSafari5/4.1対応版をリリースします。
動作環境はMacOS X(10.4/10.5)のSafari5.0以降におよびMacOS X 10.3のSafari 4.1用となっています。

SafariReloadButton


(公式)機能拡張にもリロードボタンを追加するものはありますが、リロード中にキャンセルボタンに変化するなど、SafariReloadButtonの方が使い勝手が上だと思います。

関連エントリー

記事検索
Archives
Author