Apple謹製ウェブブラウザ"Safari"の情報サイト

ThurlyApp

MacOS X 10.6(Snow Leopard)に対応したThurly App 1.0.2リリース

Thurly App

Safariから thurly という短縮URLサービスを利用してTwitterに投稿するための機能拡張Thurly App 1.0.2がリリースされ、MacOS X 10.6(SNow Leopard)に対応しました。

Thurly App コメントを見る

Thurly has been updated to work on Apple's latest operating system, Mac OS X 10.6, also know as Snow Leopard. Thurly 1.0.2 requires Mac OS X version 10.5.8 or above as well as Safari version 4.0.3 or above.
旧バージョンはInputManagerプラグインでしたが、新しいThurlyはこれまでのInputManagerではなく
ユーザー名/Library/ScriptingAdditions/ThurlyInjector.osax
にインストールされる"スクリプティング機能追加"となります。

インストールすることによって、キーボードショートカット(Control+Command+T)もしくはメニューから呼び出しTwitterに投稿することが出来ます。

無料で使用することが出来ますが、$4.95支払ってレジストすることによってマルチアカウントで利用したり、投稿テンプレート編集機能を利用することが出来ます。

関連エントリー

Safari拡張のススメ vol.4 〜SafariをTwitterクライアントにする

twitter_safari

Safari拡張のススメ第四回は、合わせ技でSafariをTwitterに最適化してしまおうというネタです。
twitterrific夏ライオン, P3等様々なTwitterクライアントがあるわけですが、Safariに拡張を加えるとそれらに引けを取らない機能を備えることが出来ます。

pbtweet

まずはTwitter.comの機能を拡張するスクリプト "pbtweet" から。

pbtweet - twitter拡張スクリプト - コメントを見る
GreaseKitスクリプト或いはブックマークレットを使うことによって以下の機能をtwitter.comのサイトに追加します。

  • 投稿の返信のつながりをインライン表示します。
  • 会話チェーンの読み込み数設定[new in 1.4]
  • tweetのダウンロードにはJSONを用い、回線やサーバにかかる負荷を軽減します。
  • RT/via スタイルの引用投稿が可能になります。
  • TwitPicなどから投稿した画像のサムネイルを表示することができます。
  • ページ下部までスクロールすると自動的に次のページを繋ぎ足します。
  • タイムラインを1分おきに更新します。
  • 短縮URLを展開することができます。
  • 様々な言語へtweetを翻訳することができます。
  • ハッシュタグをクリックしてtwitter検索で結果を見ることができるようになります。
  • Fluid.appでuserscript版を用いると Growlで新着告知を行うことができます
スクリーンショットを掲載します。標準のものよりぐっと見やすく使いやすいと思いませんか?

スクリーンショット:Pbtweet

続いて、現在見ているサイトをtwitterに投稿する拡張機能です。
こちらはMac OS Xのみの対応となります。

Safari140

Safari140

Safari140 - Twitter extension for Safari コメントを見る

Safari140は現在見ているサイトを投稿するだけのシンプルなInput Managerプラグインです。キーボードショートカット(Control+T)もしくはメニューから呼び出すと以下のようなウィンドウが表示され、Twitterに投稿することが出来ます。

Safari 140

現在はis.gdと言う短縮URLサービスの利用となります。
因みに名称はtwitterに投稿出来る文字数(140文字)に由来します。

Thurly App

Thurly App

Thurly App コメントを見る

Thurly AppはSafariからthurlyという短縮URLサービスを利用してTwitterに投稿するためのInput Managerプラグインです。
インストールすることによって、キーボードショートカット(Control+Command+T)もしくはメニューから以下のような画面を呼び出しTwitterに投稿することが出来ます。

Thurly Post

無料で使用することが出来ますが、$4.95支払ってレジストすることによってマルチアカウントで利用したり、投稿テンプレート編集機能を利用することが出来ます。

bit.ly

bit.ly

bit.ly, a simple url shortener コメントを見る
個人的に愛用しているのがbit.lyです。
bit.lyはプラグインやスクリプトではなく、アカウント登録することによってTwitterと連動出来る短縮URLサービスです。
単純にURLを短くするだけではなく自分が投稿したリンクのクリック数の解析や検索機能などの付加機能も充実しているのが魅力です。

最後に

SafariだけでTwitterを完結する必要はありませんが、このように様々なプラグインやスクリプト、ブックマークレットを使用することによってTwitterをより活用出来ると思います。Twitterを愛用しているSafariユーザーには是非試してもらいたいですね。

ではよい呟きを!

CSS Nite LP32: Sass
記事検索
Archives
Author