Apple謹製ウェブブラウザ"Safari"の情報サイト

Yahoo

検索連動広告に見る、ブラウザのライバル関係

Safariについての情報を調べるに当たって、GoogleやYahoo!の検索を多用している訳なのですが、そこでちょっと面白い広告に気がつきました。

Mozilla vs Safari




そこで、GoogleやYahoo!で様々なブラウザの名称で検索して見たところ意外なブラウザ同士のライバル意識が露わに…!

図にまとめるとこんな感じです。Safariはんモテモテやないか。

ブラウザ相関図


もっとInternet Explorerが狙われるのかなあ…と思っていたのですが、どちらかというとIEに飽き足らないそうを取り合っている印象です。Google AdSenseよりもYahoo!(Overture)の広告の方が賑やかです。また、不思議とGoogle Chromeを検索した際にはGoogle以外Google Adwords広告出していないんですよね…ニヤニヤ

と言っても、調べたのはちょっと前なので、今ではMicrosoftもAdwords/Adsense/Overtureに出稿していますし、状況は若干変っていますけども。


海の向こうではMicrosoftの独禁法問題に絡んでOperaのボイコット運動が始まったそうですが、互いに意識しつつ健全に切磋琢磨して貰いたいものです。

SafariでGoogle検索をブックマークしようとすると…?

Safariは当初からツールバーに検索フィールドがついており、そこから直接Googleを検索することが出来ます。4.0からはサジェスト機能も付いて益々便利になったわけですが。そのGoogle検索をブックマークしようとすると…
Safari + Google
警告される…!

『二度同じ事をクリックさせないでくださいよ…一度でいい事を二度クリックしなけりゃあいけないいけないってのは…そいつが頭悪いってことだからです』
『何度もクリックさせるって事は無駄なんだ…無駄だから嫌いなんだ。無駄無駄…』
と言うわけでSafariはまさにゴールドエクスペリエンスなブラウザと言えましょう。

もちろんWindowsでもGoogle検索をブックマークしようとすると同じく警告が出ます。
因みに、Windowsでは検索にYahoo!を選ぶことも出来ますが、Yahoo!を選択した時にはYahoo Searchをブックマークしようとすると同様の警告が出ます。
Safari + Yahoo!

(via Twitter / Munehiro Nakazato: 今日気がついたSafariの機能)

CSS Nite LP32: Sass
記事検索
Archives
Author