Apple謹製ウェブブラウザ"Safari"の情報サイト

apple

Safari FAQ vol6:「Safariの目指すもの」

先回からだいぶ時間がたってしまいましたが…

Safariに関する6つの質問 - 血統の森+はてな コメントを見る

6. Safariの目指すもの
CSS3の草案として、CSS Animation、Transform、TransitionなどはAppleの人たちが提出したり、CSS MasksやStyling ScrollbarsはMSIEでも実装したような機能を実装しているけれども、CSSに限って言えば、とにかく前衛的にCSSを拡張しようとしているように見える。Appleの人たちはSafariをどういうブラウザに仕立て上げようとしているのか、ウェブブラウザに何を見ているのか。展望のようなものが知りたいな、と。

Safariが目指すもの…
はっきり言ってしまうと、外部の人間にはわかりません。しかし、Appleのこれまでの行ってきたことから、ある程度は方向性が仄かに見えてきます。

それは『エコシステムの再構築』です。

ご存じの通り、AppleはOS戦争に於いてMicrosoftに敗れています。MacOS Xリリース以来、パッケージに開発ツールをバンドルするなどの努力を続けていますが、やはり開発者の量においては今だWindows勢のほうが優勢です。
小売におけるMacの人気なども伝え聞きますが、それでも累積においてはWindowsが圧倒的と言うことに異論がある人はいないでしょう。

さて、この状況をひっくり返すにはどうすればいいか…?

それは"ルールを変えてしまう"ことだと思います。
ではルールを変えるには…と言うことで出てきたのが"Webアプリケーション"であり、より具体的に言うとHTML5であり、CSS3なのだと思います。

Appleの歩みを振り返ると、2004年にMozilla,Opera等と共にWHATWG(Web Hypertext Application Technology Working Group)結成することから始まり、2005年のMacOS X 10.3(Tiger)でDashboardのウィジット(Widget)にCanvas要素を実装、2009年にリリースしたiTunes 9ではiTunes Storeの表示にWebKitを使用する、等、一貫して『アプリケーションのWeb化』或いは『Webのアプリケーション化』を進めてきたのが分かります。
iPhoneにおいてFlashのサポートを拒否しているのはHTML5を阻害する要因になるから、ではないかと邪推しています。

さてさてその中でSafariが今後どのようになっていくか
おそらくですが、Appleはブラウザの機能を拡張する方向には行かないでは、と見ています。FirefoxやGoogle Chromeの様に拡張を実装したりするのではなく、Webで出来ることを拡張する方向に深化していくのでは、と予想します。
これはMozillaがブラウザのみを基盤としていたり、Webサービスから収益を得ているGoogleとは異なり、ハードウェアとソフトウェアを一体で提供するというAppleのビジネスモデルに由来する方向性と捉えています。

Safariβ版ダウンロード件数が累計100万件を超える

Safari

アップルは1月7日に発表されたSafari Public betaが100万件超えたと発表しました。

アップル、Safariのダウンロード数が100万件を超える コメントを見る

2003年1月10日、サンフランシスコ、MACWORLD EXPO−アップルは本日、新しいWebブラウザ「Safari™(サファリ)」の無償パブリックベータが1月7日(火)にアップルのウェブサイト(www.apple.com)で提供開始されて以来、ダウンロード件数が50万件を超えたことを発表しました。
「Safariは2週間たらずで100万件以上もダウンロードされており、大ヒットです。ユーザからは、Safariのベータ版がMacにおける最速のブラウザであるというだけでなく、すべてのブラウザの中でも最も優れているのではないかという声が寄せられています。」と、アップルのCEO(最高経営責任者)スティーブ・ジョブズは述べています。

Apple純正ブラウザー「Safari」発表

Safari

アップルはサンフランシスコで開催されているMacworld Conference&Expo / San Francisco 2003の基調講演にて独自ブラウザ"Safari"を発表しました。

アップル、Safariを発表 コメントを見る
「SafariはMacで使うことのできる最も速いブラウザです。多くのユーザもこれまで作られた中でベストのブラウザだと感じることでしょう。何年にもわたって新製品の発表がなかったブラウザ分野に、アップルがもう一度革新をもたらします。」と、アップルのCEO(最高経営責任者)スティーブ・ジョブズは述べています。
特長としては
  • KDEのKonquerorオープンソースプロジェクトによるKHTMLをベースとするレンダリングエンジン
  • HTML、XHTML 1.0、DOM、CSS、SSL、JavaScriptなど、Webページを正しくレンダリングするための確立された業界標準準拠
  • Mac版Internet Explorerより3倍以上高速
  • ツールバーにGoogle検索を統合
  • 検索結果に戻れるSnapBack機能
  • ポップアップブロック
が挙げられます。
CSS Nite LP32: Sass
記事検索
Archives
Author