Apple謹製ウェブブラウザ"Safari"の情報サイト

benchmark

Safari 5は本当に速いのか?(Mac編)

Safari 5ではJavaScriptのを含め、様々なパフォーマンスが改善される!ということでSunSpider ベンチマーク等を試してみました。

テスト環境は テスト環境は MacBook 2.0Ghz,メモリ4GB のMacOS X 10.6.3(Snow Leopard)です。

結果は以下の通り(クリックでSunSpiderの結果のページが開きます)。

Safari Benchmark
テスト環境 スコア1回目(total) スコア2回目(total) スコア3回目(total)
Safari5 392.7 383.3 385.1
Safari4.0.5 498.0 509.8 506.3
Opera 10.53 501.9 503.1 496.4
Google Chrome 5.0.375.55 412.7 418.0 416.4
Firefox 3.6.3 1160.1 1166.5 1186.1
平均値をグラフにするとこうなります。

少なくともSunSpider benchmarkにおいてはアップルの主張が裏付けられた形になります。

続いてPeacekeeperの結果はと言うと、こちらはGoogle Chrome(5.0.375.55)が最高得点になります。

Peacekeeper

では実際のサイトの表示はどうか…とYahoo!などの有名なサイトでは既に高速に表示されるよう様々な工夫がされていることもあり、数値的な有意な差も体感的な差も確認出来ませんでした。
今後HTML 5やCSS 3をふんだんに活用したWebアプリなどが出てくるとまた変ってくるのかもしれません。

関連エントリー

HTML5対応がもっともすすんでいるのは…もちろんSafari!

ブラウザがどの程度HTML5をサポートしているか数値化してくれるThe HTML5 Test(version 0.9.)が公開されています(via MYCOM)。
The HTML5 test - How well does your browser support HTML5? コメントを見る コメントを見る

そこで開発版も含めて主要なブラウザのスコアを調べてみました。
The HTML 5 test
ブラウザ The HTML 5 testスコア(total)
WebKit.app r57791 137
Google Chrome 5.0.342.9 beta 137
Safari 4.0.5 115
Google Chrome 4.1.249.1045 118
Mobile Safari 113
Opera for Windows10.51 102
Firefox 3.6.3 101
Opera mini for iPhone 14

結果はSafariが…ではなくてWebkit(1.0系列)の最新版がもっともHTML5化されていると言う結果が出ました。より詳細な結果に興味があればこのテストの作者のサイトに掲載されています。

The HTML5 Test | rakaz コメントを見る コメントを見る

ところで気になるのはMYCOMの後藤大地氏による記事です。

HTML5対応がもっとも進んでいるのはChrome5 | エンタープライズ | マイコミジャーナル コメントを見る コメントを見る
IE6とIE7のスコアが11になっており、ここが実質的な下限になっているようだ。もっとも高いスコアをみせたのはChrome5開発版。それにOpera 10.52開発版、Opera 10.51、Firefox 3.7 Alpha 4が続いている

Safariの数値が明らかに低すぎる点は、Safari 4.0.5のバグによるものかもしれませんが、SafariとChromeのレンダリングエンジンが共にWebkitであることを考えると不自然にも程があると言わざるをえません。また、Chromeの開発版のみ取り上げてSafariの開発版を取り上げないのはどのような意図があるのでしょうか。

関連エントリー

参考

Safari 4.0.4におけるJavaScript性能向上の測定

Safari 4.0.4ではJavaScriptのパフォーマンスが改善される!ということでSunSpider ベンチマークを試してみました。

テスト環境は MacBook 2.0Ghz,メモリ4GB のMacOS X 10.6.2(Snow Leopard)です。(今回は先回の測定と異なりきちんとSIMBL+GreaseKitを除外して計測したため数値が向上しています)

結果は以下の通り(クリックでSunSpiderの結果のページが開きます)。

Safari Benchmark
テスト環境 スコア1回目(total) スコア2回目(total)
Safari4.0.3 509.2 511.2
Safari4.0.4 505.0 509.4

ベンチマークの数値的には若干速くなったかな…という程度ですね。

関連エントリー

Snow Leopardにおける主要ブラウザ性能比較

Six RevisionsがWindows環境における主要ブラウザの性能指標の比較を発表しています。(via コリス)

Performance Comparison of Major Web Browsers コメントを見る
詳しい結果はこちらで見ることが出来ます。
Web Browser Performance コメントを見る
また、データをCSV形式でダウンロードすることも出来ます。
web-browser-performance-data.csv (CSV, 2.0KB)
結果を目にするとIEがダントツの一位で、その後にOpera,Firefox,Safari,Chromeが僅差で並んでいます。
因みに遅い順です。

しかし、Windows Vistaと言うマイナーな環境上のベンチマークであり、当ブログの読者にはあまり参考にならないのでは、と思い、Mac OS X 10.6(Snow Leopard)で同様にベンチマークをとってみました。
対象ブラウザはApple Safari,Mozilla Firefox,Google Chrome,Operaの最新版です。ただし、Google ChromeのMac版は正式版がリリースされていないため、開発者向けのバージョンになります。拡張機能等は無効化していますが、うっかりSafariだけSIMBL+GreaseKitを作動させたままの状態でのベンチです。また、ベンチマークの結果を素敵な一枚の画像にまとめると受けがいいとは思うのですが、時間がないのでGoogleドキュメントで勘弁して下さい。

Java Script Speed

SunSpider Javascript Benchmarkを3回動作した平均です。グラフが短いほど速いです。

結果はSafari,僅差でGoogle Chrome,Firefox,Operaの順です。
Operaの遅さが気になるところです…

DOM Selection Speed

SlickSpeed Selectors Testを利用して、jQueryの動作速度を比較しました。

結果はSafari,僅差でGoogle Chrome,Opera,Firefoxの順です。

CSS Rendering Speed

CSS Rendering Benchmarkを利用して3回計測した平均の比較です。

結果は僅差でSafari,Google Chrome,Operaが並び、最後にFirefoxと言う順。

Page Load Test

StopWatchを利用して、Yahoo.co.jpの最初の読み込み時間を計測。これはネットワークの状況やサーバの状況の影響を受けることを予め記しておきます。

結果はFirefoxに僅差でGoogle Chromeが続き、Safari,Operaと言う順になります。

Browser Cache Perfomance

Page Load Testと同様にStopWatchを利用して続けて二回計測した結果の平均です。Yahoo.co.jpの最初の読み込み時間を計測。これはネットワークの状況やサーバの状況の影響を受けることを予め記しておきます。

結果はOpera,Google Chrome,Firefox,Safariの順。Safariの2回目が初回と同様の読み込み速度だったため、もしかしたらサイトに変更が生じていたのかもしれません。

総合

結果だけ見るとSafariが1位、Google Chromeが2位、FirefoxとOperaが同率3位と言う感じに。
Safariが総合一位というのはSnow Leopardと言うOSを出しているメーカーによるブラウザと言うことを考えれば意外でもなんでもありません。出たばかりの自社プラットフォーム上で動くアプリケーションでサードパーティ製品に後れを取るなんて普通はあり得ないことですよね。また、JavaScript Speedに使ったSunSpiderはそもそもWebkit陣営によるベンチマークです。
また、初期状態で早く動作していても、履歴やCookiee等のデータが肥大化したり、拡張を加えたりプラグインを追加することによってたちまち重くなったりするものです。
新バージョンを発表する度あやしげなベンチマークを取りだして世界最速を高らかに謳うブラウザメーカーもありますが、こういったベンチマークの結果はあくまで参考にとどめるのが良いんではないでしょうか。

作業環境

  • MacBook 2.0Ghz
    • メモリ 4GB
    • MacOS X 10.6

関連エントリー

Snow Leopard で Safari は3倍速い!

Mac OS X 10.6 Snow Leopard

Snow Leopard で Safari はJavaScriptパフォーマンスが最大50パーセント高速化と Apple は謳っているわけですが実際にはどうなのでしょうか。また、32bit モードで動かした場合の差はどうなのか…と言うことで SunSpider ベンチマークを試してみました。
テスト環境は MacBook 2.0Ghz,メモリ4GB です。

結果は以下の通り(クリックでSunSpiderの結果のページが開きます)。

Safari Benchmark
テスト環境 スコア(total)
Safari4.0.3(Snow Leopard/64bit) 569.8
Safari4.0.3(Snow Leopard/32bit) 1176.0
Firefox3.5.2(Snow Leopard) 1387.4
Safari4.0.3(Leopard) 1640.4

Snow Leopard の Safari 64bit は本当に速いということが数値でも実証された形です。
また、体感でも Leopard より Snow Leopard が、Snow Leopard 32bit より Snow Leopard 64bit の方が起動から表示まで全てにおいて速いという印象です。

今まで Firefox などのブラウザを使っていた方も一度だまされたと思ってこのスピードを体感してみてはいかがでしょうか?

記事検索
Archives
Author