Apple謹製ウェブブラウザ"Safari"の情報サイト

iTunes9

iTunes 9 for WindowsでiTunes Storeにアクセスすると文字化けする問題

スクリーンショット:iTunes Store の文字化け

updated
Safari 4.0.4へのアップデートでこの問題は解消されています。
Safari 4.0.4にてSafari for Windows及びiTunes 9の文字化け問題が解消 : Safari Realized コメントを見る

iTunes9 for Windows にアップデートしてから iTunes Store にアクセスすると、文字化けしている場合があります。
こちらは Windows XP および Windows Server 2003 向け JIS2004 対応 MS ゴシック & MS 明朝フォントパッケージがインストールされていると発生する現象のようです。

Microsoft Windows Vista:Windows XP および Windows Server 2003 向けJIS2004 対応 MS ゴシック & MS 明朝フォントパッケージについて コメントを見る

文字化けの解消方法

以下の手順で該当のフォントをアンインストールすることによって文字化けも解消されます。

  1. [コントロール パネル] を表示し、[プログラムの追加と削除] をクリックします
  2. [更新プログラムの表示] チェック ボックスをオンにします
  3. [MS ゴシック & MS 明朝 JIS2004 対応フォント (KB927489)」をクリックし、[削除] をクリックします
  4. [ソフトウェア更新の削除ウィザード] に従って、アンインストールを完了します
  5. コンピュータを再起動します

[更新プログラムの表示]にチェックを入れないと表示されないことに注意して下さい。

ちなみに Safari for Windowsでメニューが化ける問題も同じで、このフォントをアンインストールすることによって”フォントの滑らかさ”を”Windows標準”に設定してても化けなくなります。

参考リンク

関連エントリー

iTunes 9 は WebKit を使用している

iTunes×Webkit

iTunes 9 で iTunes Store(以後iTS) を利用するのに Safari 4.0.3 を要求されてむかついている皆さんこんにちは。
どうやら今回の iTunes 9 は Webkit と非常に関わりが深いようです。

起点となったのはJohn Gruber氏のこのエントリー。
Daring Fireball: It's Only Rock and Roll Event Prelude コメントを見る

So here’s my pet theory: at some point iTunes will be rewritten using WebKit to render the UI. I’m not saying iTunes will become a web browser ― just that the UI itself will be a WebKit view. WebKit is cross-platform and built for the future.

簡潔に訳すとこうだろうか?
つまりはこういうことだ:iTunes は UI のいくつかの部分で Webkit を使っている。これは iTunes がブラウザになるということじゃない――ただ UI の部分が Webkit になっているのだ。Webkit はクラスプラットフォームであり(このような)未来のために作られている

これをうけてCharles Ying氏が次のように書いています。
satine.org ? Does iTunes 9 use WebKit? コメントを見る

So, was John Gruber right? This is what I found while browsing the new iTunes Store (cool stuff, btw!):
User-Agent: iTunes/9.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10.5.8) AppleWebKit/531.9

John Gruber は正しいのか?これは私が新しい iTunes Store をブラウジングしているときに見つけたものです(iTunes9 の UA)

It’s important to understand that iTunes is only using WebKit to render the iTunes Store and iTunes LP. The rest of the iTunes UI still remains native in Carbon.

Previous versions of iTunes had a custom native UI for viewing the iTunes Store and were definitely not WebKit based prior to iTunes 9.

重要なのは iTunes が iTS と iTunes LP についてのみ Webkit を使っているということです。残りの UI の部分は現在も Carbon で書かれています。 以前のバージョンの iTunes では自前の UI を利用していたが、iTunes9 から iTS(と iTunes LP)の描画に WebKit が使われるようになったとのことです。

また Will Norris 氏が実際にパケットキャプチャソフトを使って iTS の Rock Music section にアクセスしたところ、標準的なHTMLファイルが含まれていたそうです。
iTunes 9, now with more WebKit ― Will Norris コメントを見る

It looks like this new HTML based format is triggered by the request header:
X-Apple-Store-Front: 143441-1,5

この情報を元に iTS のRockセクションをWebブラウザーで見れるようにしたのがこのページ

Music/Rock コメントを見る

上のページはどの Web ブラウザでもアクセスできると思いますが、WebKit系(Safari,Google Chrome)以外のブラウザで見て比べてみるとあまりの違いに驚くことと思います。
これはどういうことでしょうか?

どうやら Webkit が先行実装している CSS がふんだんに使われているようです。
そこに着目したのがJudson Collier氏。(このサイト自身も HTML5 っぽくなっていたり CSS の先行実装がたくさん使われており、面白いサイトです)
judson collier [dot] com | iTunes + CSS3 コメントを見る

Now it should be made clear, this is not any web app. If you don’t find the site’s visuals appealing, all you need to do is look under the hood to find the beauty: this is a seriously, amazing work of art. There’s not a drop of flash on this website, from the rotating banners to the music preview player. Everything is straight HTML5, CSS3.

どうやら今回の iTunes9 には Apple が考える WebKit の使われ方、アプリケーションの姿が示されているのではないか、とそんな印象を受けますが皆さんはどう考えますか?

参考リンク

CSS Nite LP32: Sass
記事検索
Archives
Author