Apple謹製ウェブブラウザ"Safari"の情報サイト

leopard

Safari 5.0.6 for Leopard 発表

Safari

Safari 5.1 が発表され残念ながら未対応となってしまった Mac OS X Leopard ですが、そんな Leopard 用に Safari 5.0.6 がひっそりとリリースされています。

一般情報 Safari 5.0.6 (Leopard)

このアップデートには、以下のような安定性、互換性、およびセキュリティの改善点が含まれています:

  • 特定のプロキシ構成で WebSocket を使用する Web アプリケーションの安定性の向上
  • HTML5 ルビ注釈を含むテキストの外観とレイアウトの改善
  • pandora.com やその他の Web サイトでフレーム内の要素が違う場所に表示される問題の修復

Safari5.1 のような大きな変化はありませんが、Mac OS X Leopard をご利用の方はアップデートしてみてはいかがでしょうか。

Safari拡張のススメ vol.2 〜 SafariStand

SafariStand Plugin

前回から大分間が空いてしまいましたが、Safari 拡張のススメ、第二回です。
今回紹介するのは今更紹介するのが躊躇われるほど定番中の定番とも言える、SafariStand です。

本当はそれぞれの機能についてじっくり解説したいところなのですが、紹介すべき機能が多すぎるため、今回は SafariStand で追加される機能の概要の紹介にとどめます。
気になった機能で質問とかあればコメントやソーシャルブックマークなどでお気軽にお尋ねして下さい。

SafariStand - hetima.com コメントを見る

インストール

スクリーンショット:StandMenu

SafariStandSIMBL プラグインで、Leopard (10.5) 用と Tiger (10.4) 用に、また Safari のバージョン別にわかれています。使用している OS と Safari に合わせたバージョンをインストールして下さい。インストール後に、Safari を再起動すると Safari のメニューに "Stand" が追加されます。

なお、Windows 版に関してはWindows 版はありません。作成予定もありません。ということが表明されています。

以下、代表的な機能の説明です。

SideBar

SideBar Setting

開いているウィンドウをサイドバーに表示させます。
設定画面で、表示方法を決めると以下のように表示することが出来ます。

SideBar

Stand Search

StandS earch

F4キーで呼び出してブックマークや履歴などを素早く検索出来ます。
こちらの検索では CoverFlow などリッチなインターフェースは備えていませんが、必要な情報に素早くアクセスする事ができます。

また Stand Search 内で Spotlight に切り替える事で Web Archive や HTML ファイルだけを素早く検索する事もできます。

Quick Search

Quick Search Setting

この機能はアドレスバーにキーとなる文字と検索したい単語を打ち込んでEnterを押せばその場で検索をしてくれるというもの。
最初からいくつかのプリセットが入っていてそれも便利なのですが、自分でも増やすことができ、それを使うとさらに便利です。

例えば Safari Realized の検索を追加したい場合は
http://safarirealized.com/search?q=@key
として Encode を EUC-JP にすれば追加する事ができます。

また、ページ上の文字列を選択し、右クリックから検索することも出来ます。

Site Alteration

Site Alteration

Site Alteration は個々のサイト毎に個別の条件設定を行う機能です。
画像の表示やポップアップ画面、JavaScript の動作などを設定出来ます。

ユーザ CSS の指定もできますので Firefox の有名な拡張である Stylish の用な事ができます。

ただし現在は文字コードや UA の設定は無効化されています。

HistroyFlow

Histroy Flow

Safari4 からは標準の履歴画面でも同様に表示可能となりましたが、履歴を iTunes や Finder の CoverFlow の様に閲覧することが出来ます。

なお、この機能は Leopard (10.5) 用のみとなっております。
Mac OS X 10.5.6 LeopardMac OS X 10.5.6 Leopard
販売元:アップルコンピュータ
発売日:2009-01-28
おすすめ度:4.5
クチコミを見る

Action Menu

Action Menu

ツールバーのカスタマイズで追加されるAction menuボタンを追加することにより以下のことが出来ます。

  • 現在開いているサイトのタイトルをコピー(Shiftを押す事で URL をコピーする事ができます)
  • 現在開いているサイトのタイトルと URL をコピー
  • 現在開いているサイトのタイトルと URL をリンクタグ形式でコピー
  • 現在開いているサイトのタイトルと URL をMarkdown形式でコピー(Shiftを押す事ではてな記法でコピーする事ができます)
  • ページ情報の表示
  • Cookieの表示
  • Flash Moiveの制御
  • CSSの表示
  • Scriptの表示
  • タブの整理

その他の機能

StandSetting Advanced

SafariStand にはそれ以外にも次のような機能があります。

  • プラグイン読込制御
  • FLV のダウンロード
  • ページの一部を切り取って Web Archive で保存
  • JavsScript 動作の細かい制御
  • Debug メニューの有効化
  • HTML ソースの色分け

注意事項

SafariStand は多くの便利な機能を追加してくれるプラグインですが、古いバージョンはクラッシュを誘発する原因ともなっています。
お使いの Safari のバージョンに適合した SafariStand を使用することお薦めします。

最後に

SafariStand の多機能さに駆け足の紹介となってしまいました。いずれも便利な機能なので日を改めて個々の機能についても掘り下げたいと思っています。

私的なことですが、自分が Safari をメインブラウザとして使うきっかけとなったのがこの SafariStand です。Safari の表示は気に入っているけど機能的に Firefox や Opera と比べると機能的にちょっと物足りない…と思われている方に多少なりとも魅力が伝われば幸いです。

関連エントリー

CSS Nite LP32: Sass
記事検索
Archives
Author