Apple謹製ウェブブラウザ"Safari"の情報サイト

mountainlion

Appleが開発者向けにSafari 6をお披露目

WWDC2012

Safari 5.2がWWDCで正式版になるのか…と思っていたら、AppleはWWDC 2012にてSafariの新バージョンを披露しました。

アップル、「Safari 6」ブラウザを披露 - CNET Japan コメントを見る コメントを見る

サンフランシスコ発--Appleは米国時間6月11日、当地開催の同社の技術者向け年次会議Worldwide Developers Conference(WWDC)で「Safari」の新版を披露した。同ブラウザは、ビジュアル面で競合ブラウザをいくらか参考にしているものの、ブラウジングに対するユニークな解釈は何とか維持している。

また、既にデベロッパーサイトでLion版向けが配布されています。

Safari Dev Center - Apple Developer コメントを見る コメントを見る

公開はOS X Mountain Lionリリースと同時でしょうか…?

関連エントリー

Apple 開発者向けにSafari 5.2 Developer Preview の配布を開始

Safari_developer

Appleが開発者向けにSafari 5.2 Developer Preview の配布を開始しました。

Safari Dev Center - Apple Developer コメントを見る コメントを見る

This is a pre-release seed of Safari 5.2. Please refer to the seed note for more details and installation instructions.

Lionのみに対応し、別途アンインストーラも配布しています。
アドレスフィールドとサーチフィールドが統合され、Google ChromeやIE9と同様になっているのが大きな特徴で、その他、タブの表示方式が変更、RSSリーダー機能がなくなり、パスワード管理機能が追加されているとのこと。確認したデベロッパの情報によると、日本語化が完全には終わっていないもののほぼ問題なく動作し、SIMBLプラグインの動作も確認できたとのことです。

関連エントリー

Apple 開発者向けにSafari 5.1 Developer Preview の配布を開始 : Safari Realized コメントを見る コメントを見る
CSS Nite LP32: Sass
記事検索
Archives
Author