Apple謹製ウェブブラウザ"Safari"の情報サイト

release

Safari 6 リリース

Safari

アップルから新OS X 10.8(Mountain Lion)のリリースとともに Safariもアップデートされました。あわせてOS X Lion向けももソフトウェアップデート経由でアップデートが提供されました。

アップル - Safari - ウェブブラウジングをもっとスマートに、パワフルに。

数々の先進的な新機能が、Safariでのネット体験を一段と優れたものにします。見たいウェブページは、さらに賢くなった検索機能でさらにすばやく見つけられるでしょう。開いているすべてのタブをすばやく見ることができる新しい方法も用意しました。ウェブページのツイート、Facebookへの投稿、メールやメッセージを使った共有は、Safariにいたまま行えます。ネットサーフィンの快適さは、多彩な魅力のほんの一部にすぎません

主な新機能は以下のとおり。

  • 統合されたスマート検索フィールド
  • タブビュー(Mountain Lion)
  • iCloudタブ(Mountain Lion)
  • 共有機能(Mountain Lion)
  • Do Not Track

また、既報のとおりRSS機能は削除されています。

現時点ではSafariのページからはダウンロードへのリンクが削除されており、WindowsのApple Software Updateを起動させても『お使いのソフトウェアは最新版です』と表示されます。今後はWindowsに向けては最新版が提供されない可能性も高く、引き続き情報を収集したいと思います。

関連エントリ

コントロールパネルからプライバシー設定が可能となったAdobe Flash Player 10.3(10,3,181,14)リリース

flashplayer

AdobeがFlash Player 10.3(10,3,181,14)をリリースしました。
Adobe® SiteCatalyst®による計測、アコースティックエコーキャンセレーションの実装等の他、コントロールパネルから高度なプライバシー設定が可能となり、また、MacOSにもようやく自動アップデート機能が実装されました。
Adobe Flash Player 10.3 for desktop and Android devices now available (including Android 3.1 support) » Adobe AIR and Adobe Flash Player Team Blog コメントを見る コメントを見る
  • Media measurement (desktop only) -- Measuring video usage just got easier. Using Adobe® SiteCatalyst® with Flash Player 10.3, developers can implement video analytics for websites with as little as two lines of code for the first time. Media Measurement for Flash Player allows companies to get real-time, aggregated reporting of how their video content is distributed, what their audience reach is, and how much video is played. Mobile support will be available in an upcoming release.
  • Acoustic echo cancellation (desktop only) -- With Flash Player 10.3, developers can create real-time online collaboration experiences with high-quality audio for telephony, in-game voice chat, and group conferencing applications. Developers can take advantage of acoustic echo cancellation, noise suppression, voice activity detection, and automatic compensation for various microphone input levels. End users will be able to experience higher quality audio facilitating smoother conversation flow, without using a headset.
  • Enhanced privacy protection -- Flash Player 10.3 enables local storage clearing within browsers’ privacy settings and streamlines the controls of the Flash Player privacy, security and storage settings within the local control panel of desktop OSes.
  • Security enhancements including the support of auto-update notification for MacOS -- See the Security Bulletin APSB11-12 for more details.

関連エントリー

Flash Player 10.2(10.2.152.26)リリース

flashplayer

AdobeがFlash Player 10.2を正式に公開しました。
Stage Video,OS ネイティブのカスタムマウスカーソル,サブピクセルテキストレンダリングの強化,複数モニター環境でのフルスクリーンモードサポート 新機能等が含まれています。

Flash Player 10.2 is Here: Available Now for Windows, Mac, and Linux » Adobe AIR and Adobe Flash Player Team Blog コメントを見る コメントを見る

Today, we’re launching Flash Player 10.2 for Windows, Mac, and Linux. We’re especially excited that this release introduces Stage Video, a full hardware accelerated video pipeline for best-in-class, beautiful video across platforms and browsers. Additionally, this version of Flash Player offers all the new capabilities previewed in our beta release, like custom native mouse cursors, multiple monitor full-screen support, Internet Explorer 9 hardware accelerated rendering support, and enhanced sub-pixel rendering for superior text readability.

関連エントリー

Adobe Flash Player 10.1 正式リリース

flashplayer

AdobeがFlash Player 10.1を正式リリースしました。

Flash Player 10.1 Now Available for Windows, Mac, and Linux - Adobe Flash Player Team Blog コメントを見る コメントを見る
Today I'm thrilled to announce that Adobe Flash Player 10.1 is now available for Windows, Mac, and Linux operating systems. You can get it now.

Flash 10.1はパフォーマンスや消費電力の改善、マルチタッチサポート、プライバシーモード追加、H.264のハードウェアデコード等の多数の機能追加と改善が含まれます。その他、ゼロデイ脆弱性にも対応しています。バージョン10にある脆弱性は既に悪用が確認されているので、早急なアップデートをお薦めします。

なお、10.1のβ版をインストールしてある環境ではいったんアンインストールしてからインスト−する必要があるとのことです。

Flash Player 10.1.53.64 と Adobe AIR 2.0.2 公開 - akihiro kamijo コメントを見る コメントを見る

Flash Player 10.1 のベータ版をインストールしている環境では、一旦ベータ版の Flash Player をアンインストールしてからインストールする必要があるとのことです。アンインストール用のプログラムは、こちらもとりあえず US のサポートページからダウンロードできます。(How to uninstall the Adobe Flash Player plug-in and ActiveX control

また、Mac版は今回完全にCocoa対応となっています。但し、残念ながらGPUによる動画再生支援機能(gala)は間に合わなかったらしく、非対応となっています。

Flash Player 10.1 Now Available for Windows, Mac, and Linux - Adobe Flash Player Team Blog コメントを見る コメントを見る

Mac-specific improvements

Our Mac engineers, with some help from the Safari team, made significant changes to Flash Player for Macs. Here's a partial list of the work we completed for Argo. First and foremost, Flash Player 10.1 is a full-fledged Cocoa app (though legacy Carbon support remains for some browsers that require it). We now leverage Cocoa events, use Cocoa UI for our dialogs, leverage Core Audio for sound, Core Graphics for printing support, and use Core Foundation for bundle-style text.

アップデートによるパフォーマンス改善の計測等は改めて。

関連エントリー

Internet ExplorerをGoogle Chrome並にする"Google Chrome Frame"

GoogleChromeFrame

GoogleよりInternet ExplorerでWebKitを使ったレンダリングで表示出来るGoogle Chrome Frameのβ版が発表されました。Windows Vista/XP SP2以降にインストールされたInternet Explorer 6/7/8が対象となります。

Google Chrome Frame - Google Code コメントを見る

Chromium Blog: Introducing Google Chrome Frame コメントを見る
Today, we're releasing an early version of Google Chrome Frame, an open source plug-in that brings HTML5 and other open web technologies to Internet Explorer.

インストールしてみたのですが、驚いたことに単なるプラグインではなく、Google Chrome 4(開発者向け)が丸々インストールされるんですね…!
ただインストールしただけでは駄目で、Google Chrome Frameが動作するにはサイトに次のメタタグを追加する必要があります。
<meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="chrome=1">
このブログにも追加してみたところ、IE8でアクセスして見事WebKitでレンダリングされ表示されました。
なお、気になるUserAgentは
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; chromeframe; InfoPath.1; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.04506.30; .NET CLR 3.0.04506.648; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
となりました。

一方、MicroSoftのスポークスマンはGoogle Chrome Frameを勧めないとIEユーザーに警告しています。

MS vs グーグル:IEプラグイン「Google Chrome Frame」をめぐり舌戦:ニュース - CNET Japan コメントを見る

Microsoftは声明で、最新技術を欲するユーザーはChrome Frameを使うよりも、新しいバージョンのIEに移行した方が良いと述べた。

「われわれはInternet Explorer 8で、重要な機能強化や更新を追加し、顧客がブラウザをより安全に使用できるようにした」とMicrosoftは述べた。「プラグイン全般、そして『Google Chrome』が抱えるセキュリティ上の問題を考えると、Google Chrome Frameをプラグインとして実行することにより、マルウェアや悪意あるスクリプトの攻撃対象となる領域は2倍になる。われわれは、こうしたリスクがあるものを友人や家族に勧めたりはしない」(Microsoft)
「IE6を使っている人は、ほかのアドオンをインストールするのではなく、IE6から離れるべきだ」とBarzdukas氏は述べた。「(アドオンは)問題を複雑にするだけだ」(Barzdukas氏)
Microsoftがの言い分はもっともですが、現実にはIE7やIE8と同じ割合で2001年にリリースされたIE6を利用する人がいることを考えると、Googleの強行とも言えるやり方にも致し方ない面があります。

ただ、実際問題Google Chrome Frameをインストールするより、Google自身が言明するとおり、SafariGoogle ChromeFirefox,Operaや或いは3つのレンダリングエンジン搭載のLunaScapeを使った方が幸せになれそうです。


関連エントリー

NSS Labsがブラウザセキュリティ検証結果を発表 : Safari Realized コメントを見る
CSS Nite LP32: Sass
記事検索
Archives
Author